Norway: Safeguarding ancestral roots (VJ)

x

ノルウェー:先祖代々のルーツを守る

 

schema-samis

トナカイ飼育は、ノルウェー中央部からスウェーデンにかけての地域に暮らすサーミ人(ラップ人とも呼ばれる)の主な活動である。1986年4月末から5月初め、チョルノーブィリ原子力発電所の事故が起こり、放牧地である山間部の広い範囲を汚染した。トナカイは、セシウムをとくに取り込みやすいことが確認され、トナカイ飼育を基盤とした文化全体が危機に晒された。
当局と放射線防護および放射生態学の研究者らが緊密に連携し、大多数の飼育業者は徐々に、自分たちのトナカイの放射線量を測定し、汚染度の低い地域から取り寄せた地衣類を餌として与え、セシウム含有量を低くできる調理法を採用する、といった習慣を獲得していった。こうすることで、自分たちの生活スタイルを守っているのだ。

 

carte-Tchernobyl

portraits-Lavrans-Skuterud

ラヴランス・スクテルード
中心的科学者、ノルウェー放射線防護庁(NRPA)

 
私たちはトナカイ、ヤギ、ヒツジの飼育業者らと会い、トナカイの屠殺もモニタリングした。ノルウェーでは、飼育業者、農業従事者、地元の生産者といった地元住民にとっての放射線事故の実践的な影響、こうした状況を規制でコントロールすること、損害の補填などについて、十分な経験を積んだ。こうしたことのすべてが、日本の農業従事者や生産者に関連すると思う。トナカイであれヒツジであれ、山菜あれ、これらのすべてが栽培、食品、生活スタイル、つまり私たちの日常生活の基盤となるものすべてにおいて、おおいに検討するべき問題なのだ。」


Fostering a self-help spirit (VJ)

x

自己援助の精神を活発化させる

 

portraits-Iossif-Bogdevitch

ヨシフ・ボッグデヴィッチ教授
ベラルーシ科学院土壌・農芸化学研究所(Brissa)

 
エートスのアプローチの主な効果は、放射線により汚染された村々の住民たちを災害被災者という立場から状況をコントロールできる人々という立場に変えることで、住民の間に前向きな気持ちを作り出すことにあります。」

carte-Tchernoby-half

schema-belarus-fostering

ベラルーシでは、事故当時に避難した多くの人たちが一時的または最終的に他の土地に移住した。当局と専門家が尽力したにもかかわらず、汚染された土地に残った人たちの状況は、その後の数年で、ソビエト連邦の崩壊が原因で、悪化の一途をたどることになる。

1990年代以降、国際社会が被災者のために動き始めた。こうした背景のもと、外国の専門家がベラルーシの当局や専門家と手を取り合い、住民が直接関わって行う放射能汚染状況の日々の管理に基づいた、汚染地域における生活条件を回復させるための行動に取り組むようになった。


Learning from Chernobyl: The experience feedback from Belarus and Norway (VJ)

x

チェルノブイリの教訓:

ベラルーシとノルウェーの経験の回顧

carte-Tchernobyl

1986年4月26日、チェルノブイリ発電所4号炉の建物が強い爆発により吹き飛ばされ、未曾有の放射性物質が大気中に放出された。数日間で、汚染された大気が、風に乗って欧州大陸の大部分に広がった。近接するベラルーシや、それよりかなり離れたノルウェーをはじめ多くの国で、放射性物質を多く含む雨や雪が地面に降り注いだ。これらの国では、住民が大きな影響を受けた。


Ryoko Ando (VJ)

+

安東量子
NPO 福島のエートス
いわき市

 
原発事故以降、福島を巡って巻き起こる声は、そこに住む人間にすれば、すべて、住民を置き去りにしたもののように感じられました。
誰もが、当事者をないがしろにして、何かを語りたがっている状況に、私は、強い違和感を感じました。おそらく、怒りと言っていいのだと思います。
私がこんな事(福島のエートス)をはじめた理由は、自分達のことは、自分達自身で語るしかないのだ、という思いが根底にあります。
ただ、そんな中ICRP111原子力事故または放射線緊急事態後の長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用ICRP111だけが、私たちに寄り添ってくれたものであるように感じられました。」


IRCP (VJ)

+

原子力事故または放射線緊急事態後の長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用」と題するICRP勧告111は、そのような汚染地域に住む人々に対してガイダンスを提供するものである。焦点は放射線防護であるが当勧告は、環境、健康、社会経済、心理、文化、倫理及び政治的な側面を含んで日常生活のあらゆる面を考慮せずには事故後の複雑な状況を解決できないことを認識している。長期の汚染を被った人々と地域の専門家が状況の管理に直接関わることの意義、国と地方行政は人々の関与と自助を促す環境を作り手段を提供する責任があることを強調している。放射線モニタリング、健康管理、汚染食品及びその他の商品の管理に対しても同様の点が強調されている。


Mayumi Ootsuki (VJ)

+

大槻真由美
伊達市霊山町在住

Maison-Mayumi-Ootsuki

ちょっとまずいのですぐ避難出来るように、まあ要は準備して置いた方がいいね、っていう話をしたのを記憶してるんですね、14日の昼頃。うんそうだねって事で、っであの当時ですね、避難したくても出来なかった人って沢山いて、なぜ出来なかったのか、まず行く所がない方が沢山いるんですよね。」


Sanae Ito (VJ)

+

伊藤早苗
京都に避難、元南相馬市市民

 
年にやっぱり2,3回は南相馬市に帰ります。今もやっぱり戻りたいと言う気持ちはあるんですけど戻れないと言う気持ちも大きいです。」


Maiko Momma (VJ)

+

門馬麻衣子
放射線防護の支援相談員、いわき市末続地区

 
海のそばに戻るのはちょっとやっぱり凄く怖かった。子供が小さいせいもあったと思うんですけど。恐怖感は凄くありました。」
dessins-maiko-momma
家族写真。 門馬 実央莉ちゃん(2015年当時5歳)の描いた絵。


Junichiro Tada (VJ)

+

多田 順一郎
NPO法人 放射線安全フォーラム
理事

 
県民が受けたとみられる放射線量で健康に影響が出ると考えていない。むしろ(過度に)放射線の害を心配することの方が健康に影響すると考えている。故郷に帰れない境遇でうつ病になる人が出たり、母親が放射線の影響を心配し、子どもに非常に厳しいしつけをすることでメンタル面に影響する場合がある。精神的影響は甚大だと思う」

(2014年9月11日付インタビュー、福島民友新聞)


Ohtsura Niwa (VJ)

+

丹羽太貫
福島県立医科大学
特命教授

 
チェルノブイリの25年後で、25年たったベラルーシを見てこよう。それで1週間かそこら、南ベラルーシの立ち入り禁止地域にすごく近い村、町を訪ねて、それで立ち入り禁止地域の中にも入って状況を見ました。それで立ち入り禁止地域のすぐ横にある小さな町ブラキンというところですが、そこへ入って見てたら若い方々が、まあ高校生、中学生、小学生と沢山いて、最近はようやく地価が上がり始めたと、家の建てる土地の値段が上がって若い人が流入していると、すごく安心しました。25年たったら福島もまあOKであると。そういう状況でなんとかなる可能性はあるだろう。」