+

原子力事故または放射線緊急事態後の長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用」と題するICRP勧告111は、そのような汚染地域に住む人々に対してガイダンスを提供するものである。焦点は放射線防護であるが当勧告は、環境、健康、社会経済、心理、文化、倫理及び政治的な側面を含んで日常生活のあらゆる面を考慮せずには事故後の複雑な状況を解決できないことを認識している。長期の汚染を被った人々と地域の専門家が状況の管理に直接関わることの意義、国と地方行政は人々の関与と自助を促す環境を作り手段を提供する責任があることを強調している。放射線モニタリング、健康管理、汚染食品及びその他の商品の管理に対しても同様の点が強調されている。