x

チェルノブイリの教訓:

ベラルーシとノルウェーの経験の回顧

carte-Tchernobyl

1986年4月26日、チェルノブイリ発電所4号炉の建物が強い爆発により吹き飛ばされ、未曾有の放射性物質が大気中に放出された。数日間で、汚染された大気が、風に乗って欧州大陸の大部分に広がった。近接するベラルーシや、それよりかなり離れたノルウェーをはじめ多くの国で、放射性物質を多く含む雨や雪が地面に降り注いだ。これらの国では、住民が大きな影響を受けた。