+

陰膳キャンペーン

食事は4人で?それなら、5人分の料理を作って、残った1皿を測定しよう!コープふくしまは、消費者が毎日の食生活で摂取する正確な放射性物質量を知ることができる、独自の「陰膳」キャンペーンを立ち上げた。考え方は簡単だ。1人分の食事を余分に作ってもらって、それを測定するのだ。この結果、日々の食事に含まれる測定値は非常に低いことが判明した。これは、コープ福島が募集した数百人のボランティアたちの摂取量を反映している

journal-coop-fukusima

コープふくしまの広報誌『協働のうから』は消費者に配布されており、場所ごとの内部被爆および外部被爆の測定結果、測定時期の案内、さらに健康的なレシピまで紹介している。