Norway: Safeguarding ancestral roots (VJ)

x

ノルウェー:先祖代々のルーツを守る

 

schema-samis

トナカイ飼育は、ノルウェー中央部からスウェーデンにかけての地域に暮らすサーミ人(ラップ人とも呼ばれる)の主な活動である。1986年4月末から5月初め、チョルノーブィリ原子力発電所の事故が起こり、放牧地である山間部の広い範囲を汚染した。トナカイは、セシウムをとくに取り込みやすいことが確認され、トナカイ飼育を基盤とした文化全体が危機に晒された。
当局と放射線防護および放射生態学の研究者らが緊密に連携し、大多数の飼育業者は徐々に、自分たちのトナカイの放射線量を測定し、汚染度の低い地域から取り寄せた地衣類を餌として与え、セシウム含有量を低くできる調理法を採用する、といった習慣を獲得していった。こうすることで、自分たちの生活スタイルを守っているのだ。

 

carte-Tchernobyl

portraits-Lavrans-Skuterud

ラヴランス・スクテルード
中心的科学者、ノルウェー放射線防護庁(NRPA)

 
私たちはトナカイ、ヤギ、ヒツジの飼育業者らと会い、トナカイの屠殺もモニタリングした。ノルウェーでは、飼育業者、農業従事者、地元の生産者といった地元住民にとっての放射線事故の実践的な影響、こうした状況を規制でコントロールすること、損害の補填などについて、十分な経験を積んだ。こうしたことのすべてが、日本の農業従事者や生産者に関連すると思う。トナカイであれヒツジであれ、山菜あれ、これらのすべてが栽培、食品、生活スタイル、つまり私たちの日常生活の基盤となるものすべてにおいて、おおいに検討するべき問題なのだ。」


Fostering a self-help spirit (VJ)

x

自己援助の精神を活発化させる

 

portraits-Iossif-Bogdevitch

ヨシフ・ボッグデヴィッチ教授
ベラルーシ科学院土壌・農芸化学研究所(Brissa)

 
エートスのアプローチの主な効果は、放射線により汚染された村々の住民たちを災害被災者という立場から状況をコントロールできる人々という立場に変えることで、住民の間に前向きな気持ちを作り出すことにあります。」

carte-Tchernoby-half

schema-belarus-fostering

ベラルーシでは、事故当時に避難した多くの人たちが一時的または最終的に他の土地に移住した。当局と専門家が尽力したにもかかわらず、汚染された土地に残った人たちの状況は、その後の数年で、ソビエト連邦の崩壊が原因で、悪化の一途をたどることになる。

1990年代以降、国際社会が被災者のために動き始めた。こうした背景のもと、外国の専門家がベラルーシの当局や専門家と手を取り合い、住民が直接関わって行う放射能汚染状況の日々の管理に基づいた、汚染地域における生活条件を回復させるための行動に取り組むようになった。


Learning from Chernobyl: The experience feedback from Belarus and Norway (VJ)

x

チェルノブイリの教訓:

ベラルーシとノルウェーの経験の回顧

carte-Tchernobyl

1986年4月26日、チェルノブイリ発電所4号炉の建物が強い爆発により吹き飛ばされ、未曾有の放射性物質が大気中に放出された。数日間で、汚染された大気が、風に乗って欧州大陸の大部分に広がった。近接するベラルーシや、それよりかなり離れたノルウェーをはじめ多くの国で、放射性物質を多く含む雨や雪が地面に降り注いだ。これらの国では、住民が大きな影響を受けた。